足関節捻挫・手関節捻挫(症例) 札幌市整骨院

TKM整骨院

011-790-6515

住所 / 〒001-0011 北海道札幌市北区北十一条西3-1-1 トレジャーコート北11条1F

受付時間 / 月~土/9:00~12:00、月~金/13:30~20:00、水/9:00~12:00、13:00~15:00
休診日 / 日、祝

青空

足関節捻挫・手関節捻挫(症例) 札幌市整骨院

TKMコラム,上肢(肩関節・肘関節・手関節),下肢(股関節・膝関節・足関節)

2018/02/11 足関節捻挫・手関節捻挫(症例) 札幌市整骨院

先日、市内S高校バレーボール部の生徒が手首と足関節の痛みを訴えて来院されました。

足関節の痛みは、整形外科や他整骨院へ行ったが改善がみられなかったと。

 

手関節の痛みは、手関節の不安定性による痛みで、手関節に負担がかかることにより手関節周辺に痛みが生じる状態で、

プレーにおいてはレシーブで手を組むことにより痛みが生じていました。

不安定性の改善策及び痛みが生じた時の自己ケアの方法をアドバイスしました。

来院時手関節の痛みは、運動及びストレッチにより軽減しました。

手関節の不安定性は、TFCC損傷(疑い)によるものが多く、その病態を理解し、自己管理することにより、

強い痛みが生じることを最小限にすることができます。

使い放しにしておくと、骨挫傷や関節症等を招く恐れがあるので、注意しましょう。

 

足関節の痛みも手関節同様に、関節の不安定性による痛みで、手関節同様不安定性の改善策についてアドバイスしました。

足関節の不安定性は、足関節捻挫の後遺症によるものが多く、幼い頃の捻挫も影響してきます。

足関節捻挫は、いわゆる外側靭帯損傷なので、捻挫を患うことより靭帯損傷を起こし、

痛みがとれても損傷した靭帯はそのまま(伸びたままや切れたまま)なので、関節の不安定性を招くことになります。

これも自己管理しないと、変形性足関節症等を招く恐れがあるので、注意しまししょう。

 

スポーツ選手の身体の痛みについて、悩んでいる方や治療を受けているが改善の見られない方は、

当整骨院へお越しください。

 

 

 

TKM整骨院

電話番号:011-790-6515
住所 〒001-0011
北海道札幌市北区北十一条西3-1-1 トレジャーコート北11条1F
営業時間:月~土/9:00~12:00
月~金/13:30~20:00(水のみ13:00~15:00)
定休日:日曜日、祝日

TOP