上肢の痺れについて

TKM整骨院

011-790-6515

住所 / 〒001-0011 北海道札幌市北区北十一条西3-1-1 トレジャーコート北11条1F

受付時間 / 月~土/9:00~12:00、月~金/13:30~20:00、水/9:00~12:00、13:00~15:00
休診日 / 日、祝

青空

上肢の痺れについて

TKMコラム,上肢(肩関節・肘関節・手関節)

2017/02/22 上肢の痺れについて

上肢、つまり肩~手指の痺れについては、頚椎が原因で生じるケースが多いです。

そもそも、痺れというのは神経症状で、どこかで神経が圧迫されているので、痺れが生じることになります。

上肢の場合は、

①頚椎で圧迫される場合、具体的には、頚椎ヘルニア、頚椎の狭窄症等で、

頚椎の後方にある神経管が圧迫された状態です。

②肩~手指の間で圧迫される場合、神経が通っている部分の筋肉が固くなり、

神経を圧迫する場合もあります。

いずれも、施術に当たっては、神経を圧迫している部分の筋力が弱くなっている

可能性が大なので、その筋力アップを図ります。

神経は支配している筋肉があり、神経が圧迫され痺れが生じ、それが長期にわたると

支配されている筋力が弱くなり、さらに状態が悪化してくる可能性があります。

痺れの度合いが増す、筋肉に痛みが生じる等です。

痺れは放置せず、治療を受けるようにしたほうが良いです。

そのような方は、ぜひ当院へお越しください。

 

札幌で整骨院をお探しの方は札幌駅北口近くのTKM整骨院までお越しください(肩や腰の痛みでお悩みの方から運動によるケガの施術やリハビリ、交通事故治療を得意としております)

TOP